会議でタブレットを用いたプレゼンテーション

これまで会議でプレゼンテーションを行う際は、コピーをした紙を配布したり、ホワイトボードに書き込んだり、プロジェクターで映像を表示したりするのが一般的でした。ここで問題となるのは、紙であれば、文章と静止画像のみ、ホワイトボードやプロジェクターであれば機材の保守、点検、設置場所の問題や、席によっては映像が見難いなど、本質とは違う部分で配慮しなければならない要素がいくつもありました。一方、同一のネットワーク内に接続されたタブレットを会議の参加者全員に配布し、ネットワーク対応のプレゼンテーションアプリから資料ファイルを開けば、手元のタブレットで、座席の差異に左右されること無く、全員がイコールコンディションで同じ資料を閲覧し、より統一された意識を共有することができます。

オリジナリティに富むタブレットの会議情報があります。

タブレットによるプレゼンテーションは、紙の資料にもあったような文章や静止画像はもちろん、アニメーションや動画と言った動的コンテンツを用いて、視覚からも訴えながら、より鮮明にイメージを伝えることができます。

また、タブレットであれば、用紙への印刷の手間を省けるのに加えて、紙の節約にもなり、システムを調達する初期費用こそかかってしまうものの、長いスパンで見れば、トータルのランニングコストの削減にもなります。

Yahoo!ニュースサイトを見つけることができました。

以上のように、さまざまなメリットがあるタブレットを用いた会議の開催は、コストの面からも、より高い意識の共有の観点からも、ぜひ導入を検討したいところです。