TOP > 海外ツアーと手荷物、ロストバゲージになったら

海外ツアーと手荷物、ロストバゲージになったら

海外ツアーではスーツケースなど大型の荷物は自分で機内に持ち込むことはできません。


バスツアーなどでトランクに入れるのと同様、チェックインカウンターで預けて飛行機の貨物室に入れてもらい、到着空港でまた引き取ることになります。

ところが、稀なことではありますが、到着空港で自分の荷物が出て来ないことがあります。これをロストバゲージと呼びます。
ツアーでこのようなことが起こった場合、どうすればよいでしょうか。
まずは慌てないでください。

オリジナリティに富む東京大阪の夜行バス情報探しに特化した総合サイトです。

手荷物を受け取る場所の付近には、ロストバゲージを申し出るカウンターがあるはずです。

もし見当たらなければ、付近にいる空港職員に聞いてください。

そこで預け証を提示するとともに、自分の滞在しているホテルなどを伝えれば、見つかったときにそこまで届けてくれます。

尾瀬のハイキングの情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

一般的にいって、ロストバゲージは出発空港でその飛行機に積み損ねたか、あるいは間違って別の飛行機に積んでしまったかのどちらかです。

夜行バスを「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

そして、手荷物を受け取る場所は、誰でも自由に入れるわけではありません。

空港職員と搭乗客しか入れないわけですから、悪意のある人によって盗まれてしまうという可能性は、街中で置き忘れたときなどに比べると格段に低いです。
空港職員もおり、誰も引き取らない荷物があれば当然チェックしてくれます。


ですから、基本的にはさほど焦ったり、心配したりする必要はなく、多くの場合は1日か2日もすればあっさりと手元に返ってきます。