タブレットで仕事効率をアップ

category01

パソコンを出すほどのスペースはないがスマートフォンでの作業は画面が小さすぎてできない、といったように、仕事をしていて、パソコンとスマホはあるのに作業がしづらいという場面がありますが、そういった時に仕事効率を上げてくれるのがタブレットです。


例えば、仕事で作成したWordやExcelのファイルをちょっと加工したいときには、グーグルが提供する無料の互換オフィスQuickofficeを利用するか、そのファイルをあらかじめマイクロソフトのOneDriveに保存しておけば、タブレットにWordやExcelがインストールされていなくても、Webブラウザーでオンライン上で編集することができます。
最近のタブレットには使いやすいキーボードが搭載されていることもありますし、そうでなくても外付けキーボードと簡単に接続ができますので、簡易ノートパソコンとして使用することで仕事効率を改善してくれます。
営業支援ツールとして使うことも可能です。
タブレットはパソコンよりも起動も速いですし、持ち運びの大変な紙カタログや営業資料を保存しておけばすぐに必要な情報を取り出すことができます。

タブレットの仕事効率の知識を増やしてみませんか。

モバイルプロジェクターを同時に持ち歩けば、映し出すための壁さえあれば、いつでもどこでもプレゼンテーションをすることができるようになります。

goo ニュースの役立つクチコミ情報をまとめた情報サイトです。

また、会社でメインに使っているパソコンで作業をこなしつつ、隣にタブレットをおいて、メールチェックや資料検索などのためのセカンドスクリーンとして活用するなど、パソコンやスマホでやっていた作業を分散することで、仕事効率のアップを図ることができます。



初心者向き企業

category02

これまで会議でプレゼンテーションを行う際は、コピーをした紙を配布したり、ホワイトボードに書き込んだり、プロジェクターで映像を表示したりするのが一般的でした。ここで問題となるのは、紙であれば、文章と静止画像のみ、ホワイトボードやプロジェクターであれば機材の保守、点検、設置場所の問題や、席によっては映像が見難いなど、本質とは違う部分で配慮しなければならない要素がいくつもありました。...

subpage

大人の常識

category02

商談の際、タブレットを使用してプレゼンテーションを行えば、商談成立への大きな後押しとなります。タブレットならば、書類を何枚もコピーして持ち歩いたり、重いプロジェクターを運ぶ必要もありません。...

subpage

基本知識

category03

タブレット端末は、あまり使っていないという人は多いです。ビジネスへの活用は思ったほどに普及していないのが実情です。...

subpage

学ぼう企業の事

category04

タブレットは、電源コードが必要ありません。持ち運びがしやすく、手に持ってタッチパネルを操作するだけでインターネットの情報を見ることができます。...

subpage